審美歯科は医療費控除の対象となるのか

###Site Name###

審美歯科で行われる、インプラントやホワイトニング、矯正歯科は、費用がかなり高額になることがあります。


特にインプラントの場合は、技術力や特殊な素材が必要になってくるので、1本のインプラントを埋め込むだけで30万円くらいの費用がかかってきます。

NAVERまとめをご紹介します。

なぜ、審美歯科で行われる医療費は高額になるケースが多いのかというと、審美歯科で行われる治療は自由診療であることが多いからです。自由診療ということは、歯科医院が独自に料金を設定することができるということであり、保険も適用されませんから、全額自己負担となるので費用が高額になると考えられます。

ただし、年間で医療費が10万円以上かかった場合は、医療費控除が可能となるので、医療費控除を申請することによって、税金を安くすることができます。

ただし、医療費控除を受けるためには、実際に審美歯科にかかったという証明が必要になってきます。

ですから、歯科で治療を受けた際に、もらうことになる明細書などをとっておく必要があります。

信頼性の高い渋谷の審美歯科の情報を要約した情報サイトです。

また、治療にかかった費用だけではなく、歯科医院に行くためにかかった交通費についても控除の対象となりますから、レシートなどは保管しておくということが大事になってきます。
これら明細書やレシートを計算して、確定申告の際に医療にかかった金額を税務署に通達することによって、税金の額がその分安くなるということになります。



こういった医療費控除については、申請しなくては受けることができないので、忘れずに申請することが大事になってきます。